基礎能力を高めるトライアスロン「カラダ作りトレーニング&コンディショニング」

tribasic

>>公開は終了しました<<

トライアスロンは過酷な競技であることから、水泳、自転車、マラソンの技術的な要素を高める
のはもちろんのこと、なにより豊富なスタミナが求められます。

スタミナを付けるためには毎日の走りこみが一番だといった論調がいまだに珍しくもありません
が、ダルビッシュが否定したからといって一切しなくてもいいというわけではなく、基礎体力を
高めるのに走りこみが効果があることはスポーツ科学でも明らかになっている事実
です。

あくまでも野球のピッチャーとしてのスタミナを付けるために走りこみは必要ないといっている
だけであって、過度に一般化するのは「言い過ぎ」であり、トライアスロンで求められる体内の
毛細血管を成長・拡大させるために必要なトレーニングの一つであることは間違いありません。

しかし、トライアスロンで求められる身体要素を鍛えようと思うと、負荷の高いトレーニングに
打ち込んで、脚や腕の筋肉を鍛え続ければ十分ではありません。

身体の柔軟性も必要ですし、身体故障を引き起こさない身体にすることも必要不可欠です。

プロトライアスリートの平松弘道さんは、1日20分あればトライアスロンに必要な体作りは可能
だというのですが、あまりに短すぎるのではないかと疑問に感じたかもしれませんね。

「トライアスロンに必要なカラダの使い方」を知れば、一見するとサボっているようにしか思え
ないような短時間のトレーニングであっても、極めて合理的で効率よくトライアスロンに最適化
された内容であることがわかります。

子供から老人まで無理なく取り組める内容ですから、特に10代後半から30代にかけては物足り
なさを感じるかもしれませんが、その効果は抜群です。

そのトレーニングメニューをまとめたのがトライアスロン「カラダ作りトレーニング&コンディ
ショニング」
です。

このページの先頭へ