丸暗記で対応できない試験に特に効果的!理解力向上講座

ronri

>>公開は終了しました<<

資格試験や入学試験、学校での定期テストなどでも、難易度の低い試験では、暗記した知識が
そのまま出題されることがほとんどです。

例えば、「茨城県の県庁所在地はどこですか?」と言った問題が出題されて、「水戸」と解答
すれば正解となるといった具合です。

しかし、難易度の高い試験問題になると「茨城県の県庁所在地が設置された経緯について文章
でまとめよ」といった具合に、水戸という答えを一問一答形式で暗記しただけでは解答する事
ができないケースが珍しくありません。

それこそ、江戸時代の水戸藩の話から、明治時代の廃藩置県や明治維新における朝敵藩の扱い
などという具合に複数の知識を組み合わせて文章化できないと正解にたどり着けません。

このような問題であれば、複数の関連知識を暗記して思い出せれば正解を出せるでしょうが、
司法試験や士業試験などの難関試験では覚えるべき知識が膨大な上に、実際の運用も知らない
と正解を導き出すことができません。

つまり、難関試験に合格するためには膨大な知識を身につける必要があるのは大前提として、
単純に一問一答形式で丸暗記しただけでは合格できない
のです。

そこで重要なのが「理解力」です。

理解力を高めることで論理的思考能力も自然と向上していきますし、試験問題が解けるように
なるだけでなく、相手にわかりやすい文章やプレゼンテーションができるようになります。

論文・面接形式の試験でも有利になりますし、仕事の実務能力や学校の学習効率も劇的に向上
することが可能になります。

それでは、具体的に何をすれば理解力が向上するのでしょうか?

たくさん本を読めばいい
といった、いい加減であいまいな指導が小学校などでは蔓延していますが、本の読み方や理解
の仕方も身につけていない状態で、ひたすら読んだところで時間の無駄ですし、読書に時間を
奪われた結果、逆にテストの成績が下がってしまうことにもなりかねません。

本を読むのであれば、先に「読み方」「理解の仕方」を教えなければいけないのですが、なぜ
か全く無視されている状況ですから、将来も絶望的だと言わざるをえません。

もちろん、あなたは大丈夫です。
理解力向上講座」で理解の仕方を先に身に付けることができますから。

優等生の才能や能力をねたむような人生とは「理解力向上講座」でお別れできます。

このページの先頭へ