あなたのサックスが独学でも90日で人に認められる音になる方法

90dsks

>>公開は終了しました<<

あなたはサックスを思い通りに演奏できずに困っていませんか?

サックスを思うように吹けないどころか、音程が合わないなどという以前の問題として、吹く
のが苦しいといった状況で悶え苦しんでいるのではないかと思います。

また、息をサックスに吹き込んで、指使いを運指表の通りに動かしても「いい音」が出ないと
いった悩みを抱えているかもしれません。

その理由として、サックス奏者の岡野秀明さんは「いい音を作るための練習」をしていないの
が原因
だと指摘します。

「いい音」どころか「音」さえまともに出ない状況では話にならないと思うかもしれませんが
ひたすら練習を繰り返してサックスで音を出せるようになったとしても、「いい音」が出るか
どうかは全くの別問題であることは、あなたも実感しているかもしれません。

市販されているサックスの入門書や教本を見ても、音を出すことばかりを重要視しているため
に、「いい音」の出し方というのは全くと言って見当たらないのが実情だと岡野さんは指摘を
します。

そこで、なければ作ってしまおうということで岡野さんが開発したのが「あなたのサックスの
音が90日で人に認められる音になる方法【特別講座】
」という長すぎるタイトルの在宅講座です。

岡野さんが今までに指導してきた経験からいうと、アマチュアミュージシャンがアマチュアで
あるがゆえにブチ当たる「共通の壁」や「共通の悩み」というものがあるといいます。

これらの問題点の傾向と対策を知ってしまえば、短期間で「いい音」をサックスで出せるよう
になるわけですが、岡野さんは大きく14種類に絞り込み「14の掟」と命名しました。

この14の掟を自然にできるようになるために3ヶ月程度はトレーニングが必要であることから、
90日間にわたって、ワークブックやワークシートに書かれたトレーニングを行っていきます。

このページの先頭へ