留学前に英語の勉強は必須!ワーホリ英語シミュレーター

waholi

19歳から21歳までの2年間、オーストラリアにワーキングホリデーで留学していたという中川
侑人
さんは、ワーキングホリデーに出かける前に、日本国内で英語が話せるようになる必要が
ある
と警告します。

多くの人がワーキングホリデーで語学力を高めることを目的の一つにしていますが、事前準備
が不足していると、語学力を高めるどころか何もできずに終わります。

つまり、「ワーキングホリデーで成長した自分」などといった妄想を膨らますのは自由ですが
語学留学などの感覚で海外に出てから外国語をマスターしようというのでは手遅れであって、
何もできないままに挫折して帰国する結果になることは明らかです。

現地についてから外国語の勉強しようと思っても、全く身につかないケースがほとんどであり
会話ができなければ仕事が見つかるはずもなく、ビザの要件を満たせなくなって帰国せざるを
えなくなるというわけです。

このような不都合な事実を正確に話す留学エージェントは残念ながら少数派であって、やはり
自社のビジネスが最優先であり、クライアントを海外に送り出すばかりを考えているところが
ほとんどだといっても過言ではありません。

実際、ある調査によるとワーキングホリデーで海外に出かけていった日本人の86%が事前に
渡航先の外国語をマスターしておけばよかったと後悔している
というのが実情です。

しっかりと事前準備をしていたのは、わずか14%というのが寒い現実といえるでしょう。

そこで、あなたがワーキングホリデーを最大限に活用できる14%に入れるようにするために、
中川さんが30日間で英語圏で使える英語力を身につけられる学習プログラムを作成しました。

それが「ワーホリ英語シミュレーター」です。
1日20分、30日間の音声カリキュラムです。

「ワーホリ英語シミュレーター」は単なる英語教材ではなく、ワーキングホリデーでの生活を
シミュレーションできるようになっており、実際に英語圏の国々で生活している感覚で学習が
できるようにカリキュラムが作られています。

【文章を開く】

このページの先頭へ