市販教材にウンザリしてる行政書士試験受験生専用「裏の取れた合格設計書」

gyosei

行政書士試験を何回受験しても合格できなかったり、いくら勉強しても合格できそうな気配も
まったく感じられず、絶望感や恐怖感に怯えながら勉強を続けているのではありませんか?

今の勉強を続けていても本当に行政書士試験に合格できるのかという疑問が頭によぎったかも
しれません。

資格学校や通信講座などを受講していれば主催元の資格学校や通信教育会社のブランドや実績
などを思い出して、このような疑問が浮かんでも頭を切り替えて忘れようとするでしょうし、
一つでも多くのことを覚えようとしたくなるのではないでしょうか?

しかし、過去問や参考書などでひたすらインプットするよりも「法律の資格試験の仕組み」を
知ることのほうが最優先課題だと指摘をする
のは、法律の資格受験生の合格指導を行っている
という寺本考志さんです。

がむしゃらに努力をして評価されるのは学生時代までのことであって、社会人ともなれば努力
するのは当然のことだとして、成果が出なければ評価されることもありませんし、リストラの
対象になることもしばしばです。

自営業者であれば「廃業」ですから、努力したから十分などと眠たいことは言っていられない
わけであって、過労死寸前になろうが働き続けますし、ヤミ金から金を借りてでも倒産しない
ように「明らかに終わっている状況」であっても今日を越えようと努力し続けるわけです。

あなたも行政書士試験に合格したいのであれば、とにかく努力をするのではなく、成功できる
ように頭を使わなければ無駄に終わる
だけなのです。

そもそも、行政書士試験というのは、単に暗記しただけでは合格できない試験です。

【文章を開く】

このページの先頭へ