音楽の授業で恥をかいても大丈夫!ハーモニカ初心者ナビ20日プログラム

har20nv

あなたがハーモニカを最後に吹いたのはいつですか?
小学校の音楽の時間という人が多いのではないでしょうか。

小学校の頃は「猫ふんじゃった」を繰り返し吹けていた人でも、久しぶりにハーモニカを吹いて
みたところ、全く思い通りに音を出せなかったのではないかと思います。

音楽の時間でハーモニカ演奏が苦痛で仕方がなかったという人にとっては、今でも高いハードル
ではないでしょうか。

他の楽器と同じように、ハーモニカ演奏を上達するためには、コードを覚えて、あとはひたすら
反復練習を繰り返して体に覚え込ませるといった必要があるというのが一般的な認識ですし音楽
指導者も努力しなければ上達できないという具合に反復練習をするように指示するものです。

しかし、ひたすら練習を繰り返すしか無いといっても、ハーモニカというのは簡単には上達する
ものではありませんから、途中で挫折して諦めてしまうというケースが少なくありません。

小学生の頃であれば通知表に反映されますから必死になるかもしれませんが、ハーモニカが演奏
できなくても人生において致命的な失敗を背負うわけでもない状況であれば簡単に諦めてしまう
傾向があるものです。

それこそ、自分には向いていないと判断して短期間でやめてしまうという結果になることの方が
多いのではないでしょうか。

あなたも、いろいろなスポーツや趣味に取り組んで短期間でやめた経験があるかもしれません。

そこで、ハーモニカ奏者の小出聖子さんは、あなたがせっかくハーモニカを演奏しようと一度は
決めたのだから、その気持に答えられるように、しっかりとマスターできる上達法がないことの
方が問題
だと指摘します。

昔ながらの「脱落者が出て当然」といった古臭い考えでは、ハーモニカ愛好家自体が減り続けて
いる中においては致命的だというわけです。

そこで、小出さんが音楽が苦手な人でも20日間でハーモニカ演奏ができるようになるという在宅
独学トレーニングプログラム「ハーモニカ初心者ナビ20日プログラム」を開発しました。

そもそも、ハーモニカを上手に吹くには簡単なコツがあるということをなぜか教えない指導者が
多いのです。

【文章を開く】

このページの先頭へ