3日間計6時間で完了!「卑怯な授業」不合格にならない中学数学の裏技

hikyo

中学の主要5科目の中で最も苦手意識を持つ人が多いのが「数学」ではないでしょうか。

ある時に気持ちを入れ替えて、その時からまじめに授業を聞いても、内容がさっぱり分から
ないといったケースが珍しくないのが数学なのです。

一度わからないことができてツマヅイてしまうと、リカバリするためには分からない点から
やり直す必要がある
わけですから、算数で分からない分野があるといった場合などは、復習
するだけでも膨大な時間がかかりますし、どこまで遡ればいいのか分からないといった場合
も珍しくありません。

その結果、復習自体を諦めて、数学の勉強をやめてしまうというケースが多いのです。

しかし、高校受験の日時は決まっていますから、否応なしにやってきます。
そこで求められるのが、「卑怯な手」を使ってでも得点をするということです。

なお、「卑怯な手」といってもカンニングではありませんし、仮にカンニングが許可された
としても数学の問題というのは、教科書を調べても答えが見つけられるわけではありません
から、あまり意味がありません。

また、コネをフルに使って、入試問題を事前に入手すると言った芸当ができる人もいるかも
しれませんが、バレれば入学取り消しは確実ですし、場合によっては刑事事件になるケース
もあります。

ここでいう「卑怯な手」というのは、普通であれば解くのに10分程度かかる問題を、1分で
解ける方法を知る
ということです。

例えば、他の人が釣り竿で魚を釣るように指示されているのに対し、あなただけが地引網を
使って魚を取ることが許されている状況を作り出せばいいというわけであり、ズルいと思う
かもしれませんが、答案用紙に正解を書けば合格に近づけるわけです。

このズルい「卑怯な手」を6時間の動画で学べるのが「卑怯な授業」不合格にならない中学
数学の裏技
です。

1日2時間、3日間でひと通り学べるように動画が構成されています。
まとめて1日ですべてを受講してもいいですし、一度で身につけられなければ動画を何度も
繰り返し再生して復習すればいいのです。

生身の教師や塾講師に何回も同じことを聞いたら怒られることも珍しくありませんが、動画
ですから全く問題ありません。

【文章を開く】

このページの先頭へ