読んで書ける力がないと会話はできない!英語マスターアルティメットマニュアル

eng-ulti

英語を話せるようになるには、受験英語のような勉強は今すぐやめて、ひたすら「英会話」の
勉強をすればいいと思っていませんか?

しかし、英語マスタ-請負人の佐藤俊介さんは「英会話」というのは妄想の産物であって受験
英語のアンチテーゼでしかなく、英語力を高める効果は全く期待できないと切り捨てます。

読み書きや文法は一切不要、カンタンに学べてネイティブとスムーズにコミュニケーションが
楽しめるなどといった「英会話」は、現実にはありえない
というわけです。

それでは、現実では全く役立たないと揶揄される「受験英語」しか英語力を高める方法はない
のでしょうか?

佐藤さんは、以下の4つの条件を満たせば苦痛で暗澹としたイメージが付きまとう受験英語に
こだわる必要はないといいます。

  • 挫折せずに継続できる勉強法を知って実践する
  • 英語の上達イメージを事前に知っておく
  • あなたのレベルにあった効果的な(実力アップできる)勉強法を行う
  • 英語の読み書きが先で、会話の練習は後

しかし、これでは抽象的すぎて、なかなかイメージが湧かないのではないかと思います。

まずは、英語を英語のまま読み書きができるレベルに到達することが重要だと佐藤さんは指摘
します。

受験英語では一文づつ英文を日本語に訳していたと思いますが、論外もいいところです。

このレベルに到達して初めて会話の練習をしないと、いきなり英会話から入っても文章が作れ
ないわけですから、そもそも会話自体が成り立ちません。

だからこそ、読み書きもできないのに会話だけができるなどというのは妄想もいいところだと
佐藤さんは切り捨てているわけです。

そこで最短距離で英語を使いこなせるようになるために佐藤さんが作成した学習法をまとめた
のが「英語マスターアルティメットマニュアル」です。

【文章を開く】

このページの先頭へ