傾向と対策で200点はスコアアップ可能「Score Up 1-2-3 for the TOEIC Test」

toeic123

>>公開は終了しました<<

あなたはTOEICテストを何の目的で受験していますか?

純粋に自分の英語能力をチェックするために受験しているという人もいるとは思いますが、
国際的な企業であれば出世や入社の条件にTOEICスコアが設定されていることも珍しくあり
ませんし、進学や就職に有利そうといった理由で受験する人も多いわけです。

TOEICスコア720点や800点といったハードルが昇給や昇格条件として設定されている場合
には、当然ながら超えない限りは先に進むことはできないわけですから突破する必要がある
わけですが、あなたは500点台や600点台で足踏みしている状況ではありませんか?

コツコツと勉強を重ねていてもTOEICスコアは一定の範囲内を行ったり来たりで、なかなか
一気に720や800を超えてくれないといった悩みを抱えているのではないかと思います。

あなたは、TOEIC対策として、どのような勉強をしていますか?

TOEIC対策の書籍を読んで勉強したり、英語力を高めるために単語やイディオムを覚えて、
英語耳を鍛えるために英語の放送を聞くといった努力をしているかもしれません。

しかし、オーストラリアのクイーンズランド州でTOEICテスト向け授業を行っているという
アンドリューさんは、日本の英語教材には「英語自体に間違いがある」という致命的な欠陥
が存在している
と痛烈な批判をしています。

TOEIC対策教材や参考書に書かれている英語についても例外ではなく、多くの誤りや間違い
が含まれている状況だとアンドリューさんは指摘しています。

さらに、それ以前の問題として、日本のTOEIC対策教材や参考書「TOEICにフォーカスして
いない英語」も含まれており、全く役に立たない
という戦慄的な指摘をしています。

アンドリューさんは、TOEICでスコアアップをするためには英語力を高めることも重要だが
TOEICの設問のタイプを理解し、各設問を最適な方法で解くためのテクニックを身に付ける
事のほうが優先順位は高い
と指摘します。

この手の小手先のワザに頼るというのは、一般的には嫌われそうな発想だとは思いますが、
あなたがTOEICでスコアアップするため何でもしたいと思っているのであれば、必ず知って
いる必要があるといっても過言ではありません。

このページの先頭へ