苦手科目克服に!保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」

hoikusi

過去の保育士試験対策のテキストや参考書、問題集などを今年も使う予定の人は残念です
が、役に立たなくなる可能性が高くなります。

その他にも毎年のように法令改正などもあることから、最新のテキストや参考書、問題集
を使ったほうがいいことは言うまでもありません。

少し横道にそれましたので、話を元に戻しましょう。

2014年以前の「小児栄養」や「子どもの食と栄養」の科目でも3分の1が食事摂取基準に
関連した問題でしたから、保育士試験全体の傾向として改訂・新規導入された法令や通達
などが多目に出題されるという法則から考えても、「子どもの食と栄養」の科目では例年
以上に「日本人の食事摂取基準」に集中して取り組む必要がある
と言えます。

また、ここ数年の保育士試験の傾向として、「広く浅く」勉強するというスタイルが通用
しなくなっており、「広く深く」勉強しないと正解にたどり着けなくなっています。

このため、例年のように難関科目となっている「子どもの食と栄養」の科目は、暗記力に
自信がない人ほど早めに勉強を始めないと直前で焦る結果になりかねません。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」です。

「リベンジ」セットですから、次回の保育士試験で科目合格したいと考える人はもちろん
対象ですし、保育士試験を今回はじめて受験する人にとっても、効率的な試験対策を行う
のに役立つ教材です。

食事摂取基準はもちろんのこと、栄養素の種類・機能、日本食品標準成分表、食に関する
各種法規、授乳・離乳の支援ガイド、食事と疾病の関係といった頻出分野を中心に、広く
深く学べるように教材が作られています。

わからないことがあればメールサポートがありますので安心です。

【文章を開く】

お知らせ

他の科目の保育士試験科目別リベンジセットについての詳細は以下のリンクよりチェックして
ください。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ