中高生向けバスケットボール鉄板技「パス・ドリブル・シュート超絶実戦テクニック」

basket

バスケットボールが上達できずに悩んでいる人の弱点を分析したところ、以下の3点に突き当たる
ケースが大半だと指摘をするのは、中原雄さんです。

  • パス
  • ドリブル
  • シュート

もちろん、アーリーオフェンスなどの攻撃戦略もありますが、それ以前の話として個人スキルが
低いままでは試合に出場する機会も与えられません
し、チームによって異なる面はあるでしょう
が、ゲームに出場しないとチームプレイを学べる機会もなくなるものです。

頭数が足りないからというようなバスケットボールチームでしか試合に出場できないというので
あれば、当然ながら試合結果も事前に予想がつくでしょうし「試合に出た」というだけで終わる
わけです。

しかし、バスケットボールの個人スキルというのは、練習時間に比例して上達していくものでは
ない
といったら驚くのではないでしょうか。

運動が苦手な奴は、いくら練習しても全く上達しないから時間の無駄だという話をしたいのでは
なく、バスケットボールが上手な人がやっているコツを学んで実践することで、練習時間が短く
ても、惰性で同じ練習を繰り返しているだけの人より速いスピードで上達できるのです。

部活動の練習というのはワンパターン化していることが珍しくありませんから、同じように練習
していたところで、なかなか上達できないものです。

その上、一つひとつの動作で問題点があってもダメ出しをするばかりで、どうすれば改善できる
のか全く学ぶことができないというケースも多く、何が正しいのかわからないままに同じ失敗を
繰り返して、指導者や先輩などから叱咤激励と称して罵倒されたり殴られるというわけです。

これらの非効率な練習ではなく、バスケットボール鉄板技「パス・ドリブル・シュート超絶実戦
テクニック」
で学んで練習したほうが、短時間で一気に上達できることは間違いありません。

【文章を開く】

このページの先頭へ