小中高生向けサッカーでディフェンスを突破!一点突破ドリブル習得プログラム

drible

サッカーで、相手チームのDFやMF、ボランチなどに簡単にボールを取られてしまうようでは
いつまでたっても、シュートを打って相手チームのゴールを揺らすことはできません。

特に小中学生だと、むやみにロングシュートを打ってもゴールは期待できませんし、攻めて
いかないとシュートチャンスも生まれません。

相手チームのディフェンスにボールを奪われないように、試合の展開によっては味方にパス
をしたり、自らドリブルを進めて突破していく必要がある
わけです。

しかし、ディフェンスからタックルなどを受けてもビクともしないように当たり強い体型で
なければ突破ができないとか、ディフェンスに追いつかれないように速く走れる必要がある
などと考えるのは早合点です。

元Jリーガーでサッカー指導者の式田高義さんは、体格や運動神経が劣っていたとしても、
全く問題はないといいます。

当然ながら、確率は極めて0%に近いがチャンスは残されているとか、とにかく練習すれば
上達できるといった精神論的な話をしているわけではありません。

現時点では未開発の潜在意識を効率よく引き出すことで、運動が苦手だとか体格でハンデを
背負っていたとしても一気に逆転することは可能
だと式田さんは言います。

そのドリブル突破力を高めるために潜在能力を効率良く引き出せるトレーニングメニューを
マニュアルにまとめたのが「一点突破ドリブル習得プログラム」です。

一点突破ドリブル習得プログラムはチームでなければ取り組めないものではなく、小学生で
あっても一人で取り組める内容ですし、毎日、長時間にわたって体を痛めつけないと成果が
出せない厳しいトレーニングではありませんので、帰宅後に学習塾に通うまでの短時間でも
練習できるという具合に無理なく取り組めます。

【文章を開く】

このページの先頭へ