相手が嫌がる「邪悪な配球」!テニスダブルス戦術らくらくマスタープログラム

tennisjk

テニスというのは、相手が嫌がることをすればポイントが手に入るというわけです。

このため「いじめ」と言ったら言い過ぎかもしれませんが、学校のテニス部やテニスサークル
内部の嫌がらせや人権侵害とは異なり、相手の裏をかくことがポイントに繋がるわけですから
「やってはいけない」ではなく「やらないといけない」ことなのです。

また、シングルスであれば力づくでねじ伏せるといったことも可能ですが、ダブルスであれば
個人技だけでは試合に勝つことはできません。

実力差がかけ離れていたとしても、一人で相手チームの二人を相手にして勝つというのは困難
だからです。

テニスで大人一人が子供二人を相手にして試合をしても勝てるとは限らないように、実力差が
大きかったとしても勝てる可能性があるのがダブルス
なのです。

このため、テニスのダブルスの試合で勝ちたいとあなたが思うのであれば、ペアを組む人との
相性も重要なポイントの一つですが、それよりも重要なのが「相手の嫌がる場所へ配球」する
ことだと指摘をするのは、「草トーキング」の石田洋平さんです。

相手の嫌がる場所へ配球することを「邪悪な配球」と呼んでいる石田さんですが、詰め将棋の
ようにボールをココに落とせば、相手はこう取りに行って特定の場所に打ち返してくるという
ケースが存在するために、自分から仕掛けてパターンを作ってしまえば先回りして有利な展開
を作り出せるというわけです。

そこで、この邪悪な配球を学んで、テニスのダブルスの試合で面白いように勝てるようになる
ために、石田さんが「テニスダブルス戦術らくらくマスタープログラム」です。

ダブルスで勝ち続けるための戦術とその練習法で迷うことはなくなります。

【文章を開く】

このページの先頭へ