日本人の弱点に着目した網野式・動詞フォーカスフランス語入門

dosi-fr

「日本人の弱点」というと、あなたは何を思い浮かべますか?

自己アピールが弱いとか、交渉力に問題がある、ガラパゴスのように内にこもりたがるといった
具合に、いろいろと出てきたとは思いますが、言語学的に見ても日本人が外国人と比べて弱い面
が存在
します。

それは「動詞」です。
動詞がなくても文章が成り立つ言語というのは、世界的にみても日本語ぐらいしかありません。

「これがおいしい野菜。」といった具合に、動詞がなくても文章が成り立つケースは日本語では
珍しくもありませんが、フランス語などでは「これが美味しい野菜です。」といった具合に必ず
動詞を入れなければ文章自体が成り立たないのです。

逆に言えば、日本語に近いイメージを持ちがちな中国語も動詞が文章中に必ず存在するという点
においては、文法的には英語やフランス語に近いといってもいいわけです。

文法は嫌いだからとか苦手だからといった理由で、この点を全く無視して日常会話でよく使うと
いったフレーズばかりを覚えたところで意味が無いと指摘をするのは、翻訳者の網野智世子さん
です。

フレーズを暗記して必要に応じて組み立てればいいといったような感覚的な学習ではフランス語
の文章を組み立てることができない場合も珍しくないために、いずれは全く役に立たなくなる時
がやってくると網野さんは指摘します。

しかし、中学や高校で学んだ英文法のように重箱の隅をつついたり、唯一の正解以外は全て誤り
といったように、試験に出るフランス語の文法を覚える必要は一切ありません。

あくまでもフランス語で文章を作成したり会話をするために必要なフランス語の文法をマスター
すればいいのであって、そのために欠かせないのが「動詞」なのです。

【文章を開く】

このページの先頭へ