特許技術を用いた即効性の川村明宏ジニアス速読術

sokdok

あなたは1分あたり何文字読むことができますか?

日本人の平均読書速度は1分あたり400~700文字程度だと言われていますので、個人差がある
とは言っても、あなたもこの範囲内におさまっているのではないでしょうか。

もちろん、単純に速く読めればいいというわけではなく、どのような内容なのかを理解できる
のは当然として、教科書や参考書であれば記憶できなければ意味が無いわけです。

速く読んだのはいいけれど、頭の中には何も残っていないというのでは全く話になりません。

そこで、新日本速読研究会の川村明宏さんが、自ら取得した特許技術をもとに新たに速読術を
開発しました。

それが「ジニアス速読術」です。
ジニアス速読術は、すでに150万人の実践者が成果を出しているという速読法です。

普通に読めば1時間読む本を6分で読み終えることができるというだけでなく、その本の内容も
理解できて、しっかりと頭の中に記憶できる
というのです。

ジニアス速読術は習得するのに時間がかかったり、センスがなければ習得できないなどといった
前時代的な速読法ではなく、小学校低学年からでも初回から3倍、トレーニング回数を増やす毎
に4倍、5倍と読書スピードが向上し続けた
というのがポイントです。

あなたの現在の読書スピードの10倍程度であれば十分目標圏内だといえるでしょう。

もちろん、読書スピードの向上と並行して理解力も上昇していきますので、速く読んでも理解が
できるようになるというわけです。

【文章を開く】

このページの先頭へ