テニス初級者でも数時間で可能!「ワイパースイングZERO」フォアハンド編

wipersw

テニスで「ワイパースイング」といったら、中級者以上のプレーヤーでないと無理だと思って
いませんか?

一度、ワイパースイングにチャレンジしたけど、ボールに回転をかけることが出来なかったり
ミスが増えてゲームでは使いものにならないことから諦めたことがあるかもしれません。

そのワイパースイングをテニス初心者でも短期間で修得する事は可能だというのは、神奈川県
茅ヶ崎市にあるパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーの支配人でテニスコーチの
新井湯太加さんです。

ワイパースイングは中上級者向けどころか、現代テニスにおいては「基本テクニック」の一つ
だといったら驚くかもしれませんね。

ワイパースイングを成功させるためには「回転のコントロール」が欠かせないことは説明する
までもないと思いますが、それができないからこそ苦労しているのではないでしょうか。

新井さんは、回転をかけようと意識しなくても、フィニッシュでラケットを握る右手の親指が
左の腰ポケットにくるように意識するだけで簡単に回転をかけることができるようになるため
自然にワイパースイングが打てるようになる
と説明します。

従来のテニス理論のように手首を固定する必要もなければ、肩の上といった高い位置で打つと
いった必要もないというのが、現代のプロテニスプレイヤーであれば当たり前のように実践を
しているテニス理論なのです。

そこで、あなたも一人でワイパースイングを練習する方法を実践して、知らない間に涼しい顔
でワイパースイングを打てる
ようになりたくありませんか?

「ワイパースイングZERO」フォアハンド編で学んで練習すれば比較的短期間に実現可能です。

【文章を開く】

このページの先頭へ