反省だけなら猿でもできる!不合格から学ぶ合格法

goukaku

資格試験に合格したいと思って勉強を続けていても、不合格に終わった経験は今までに何度も
あったのではないでしょうか?

今まで受験した試験は全て合格してきたという「強者」もいるとは思いますが、少なくとも、
あなたがその一人ではないことは間違いありません。

不合格通知を受け取ったり、合格の連絡がなかった時には少なからずショックを受けると思い
ますが、その後、どうすればいいのか考えたことはありますか?

今までと同じ勉強を次回の試験まで続けたところで、再び不合格になるかもしれませんよ。

後1問で合格できたとか、今回は忙しくて勉強時間が十分確保できなかっただけであり、勉強
することで模擬試験や過去問などの正答率が順調にアップしていたことから、勉強時間が十分
確保できていれば合格できたといった具合に原因が明らかであれば問題ないでしょう。

しかし、何度も不合格が続いているのにもかかわらず、努力が足りなかったとか集中力が不足
していたなどといった具合に「反省」しただけで、同じ勉強法を繰り返しているのであれば、
次回も不合格に終わる可能性は決して低くありません。

それこそ、「反省だけなら猿でもできる」という世界です。

そこで、三上系之さんは以下の2つのポイントに着目するべきだとアドバイスをします。

  • 合格者から「合格の秘訣」を聴いて実践する
  • 不合格者から「不合格の原因」を聞きだして不合格条件を潰していく

「合格の秘訣」というのは往々にして他人には真似ができないものだったりすることも珍しく
ありませんが、「不合格の原因」というのはあなたも当てはまることが数多くありますから、
着実に原因を見つけて潰していくことで次回合格が現実味を帯びてきます。

これこそが、本当の「反省」というものなのです。

とはいえ、あなただけに限った話ではなく人間というのは「我が身がかわいい」という本性を
持っていますから、なかなか本当の「反省」はできませんし、行動を変えるところまでたどり
つけないものです。

そこで役立つのが「不合格から学ぶ合格法」です。

精神的な負担が大きくショックを受けてしまいかねない「不合格の原因」というキツイ作業を
三上さんがあなたに代わって背負った上で、「あなた自身の勉強法を確立」するための手順や
方法を学ぶことができます。

【文章を開く】

このページの先頭へ