あなたは苦手?超雑談術「鈴木式」

zatudan

「雑談が苦手な人がいる」ということ自体が、雑談が得意な人からすれば信じられない話だと
いいます。

会話なんて人間の生理的欲求と同じようなものであって、だれでも当たり前のようにできる事
だと思っていますから、大勢の人の前で発表をしたり、面接試験で話すのと違って、雑談など
緊張するようなことは何一つ無いのに、何ともおかしな話だと思っているようですね。

その一方で、雑談が苦手な当事者にとっては一大事であって、何とか話が止まらないようにと
事前に話のネタを集めるのに苦労したり、聞き上手に徹すればいいと思ってひたすら相手の話
を聞き続けたりと努力をしているわけですが、多くのケースでは無駄に終わります。

その結果、なぜか沈黙がちになって雑談が続かないという最悪の結果を迎えて、ますます落ち
込むといったことを繰り返しているのですが、あなたも当てはまるのではありませんか?

この悪循環を抜け出すのは簡単なことではありませんから、雑談で盛り上がるのを諦めた挙句
一人で過ごす時間のほうが長いでしょうし、人間関係も希薄になっているのではないかと思い
ます。

別に一人ぼっちになっても生活に支障がないというのであれば、現状のままでも構わないとは
思いますが、そうではないからこそ、わざわざ本ページからたどり着いたのではないでしょう
か?

東京麹町にオフィスを構える心理カウンセラーの鈴木雅幸さんは、あなたのような会話下手で
雑談に強い苦手意識を感じる多くの人の手助けをしてきましたが、鈴木さんも雑談は大の得意
だったことから、最初はあなたのような存在がいることさえ信じられなかったといいます。

その後、雑談に苦手意識を感じる人たちを詳しく分析したところ、共通する問題点がある事が
明らかになったそうです。

その雑談に対する問題点というのは、口下手であるとか仲間意識が弱いなどの精神論ではなく
「うまく話そう」「話題を出そう」といった感情が強すぎることが原因だったのです。

しかし、精神論だけでは改善しないと先ほど書いたように、「うまく話せなくても良い」とか
「話題がなくても気にならない」、「恥をかいても気にするな」などと信じ込んだ程度で解決
できるような問題ではありません。

もっと具体的で効果的な対策が必要です。
そこで役立つのが、超雑談術「鈴木式」です。

【文章を開く】

このページの先頭へ