過去問&標準テキスト丸暗記は不要!ケアマネ合格桜咲く!

careman

ケアマネージャー試験は、過去問から繰り返し出題される問題が比較的多いことは周知の事実
ですが、過去問だけを繰り返し解いて丸暗記をしても合格水準には届きません。

いいところまではいけるとしても、あと一歩で不合格を繰り返すことになるでしょう。

かといって、標準テキストの内容を全て丸暗記しようというのが非効率すぎることは、改めて
説明するまでもないと思いますから、市販の参考書や問題集などをメインに学習している人も
少なくありません。

もし、あなたが、ケアマネ試験の標準テキストや通信講座の内容を全て完璧に身につけようと
思っているのであれば今すぐやめたほうがいい
ですし、いつまでたっても合格できないと思い
ます。

1998年に介護福祉士になり、それ以降、福祉の世界で働いてきた中島貫行さんはケアマネ資格
を取得していますし、職場などでも多くのケアマネ受験生を見てきたといいますが、合格する
人と不合格になる人とでは、大きく2つの点で違いがあったと指摘します。

  • ケアマネ試験の本質を知っているかどうか
  • 試験勉強で使っているテキストや参考書、問題集

この2つを最適化できた人は、たとえ勉強時間が少なかったとしてもケアマネ試験に合格できて
いますが、現実には、その逆のケースのほうが少なくありません。

ただでさえ人出が集まらずに忙しい業界ですから、ケアマネ試験に対して十分な勉強時間を確保
することなどは夢のまた夢であることは、あなたも嫌というほど実感していると思います。

それでは、この2つのポイントを活かしてケアマネ試験に合格するためには、具体的に何をする
といいのでしょうか?

中島さんの答えをマニュアルにしたのが「ケアマネ合格桜咲く!」です。
一般的に350時間程度は必要と言われている学習時間を80時間以内に抑えることも可能です。

【文章を開く】

このページの先頭へ