1冊の参考書だけで7日間で社会福祉士試験勉強から解放される方法

sworker

>>公開は終了しました<<

社会福祉士国家試験はとにかく試験範囲が膨大です。

しっかりと全ての試験科目の勉強をすれば社会福祉士試験に合格できるというのは簡単ですが
明らかに無責任なアドバイスだとしか言いようがありません。

それどころか、あまりに当たり前すぎることであって、わざわざ教えてくれなくても十分だと
逆に言いたくなるのではないでしょうか。

また、この手の資格試験対策は標準テキストや参考書を丸暗記するのではなく問題集から取り
組んでいけばいいといったアドバイスをする人もいますが、過去問からの出題頻度が高い試験
であれば効果が得られるとは言っても、知識が断片的になりやすい上に、逆に取りこぼす場合
も出てきます。

そこで、社会福祉士の木塚大成さんが、最短距離で社会福祉士になるための学習法をまとめた
マニュアルを作成しました。

それが「たった1冊の参考書を使って、7日間で奴隷のような勉強から解放される方法」という
非常に長ったらしいタイトルのマニュアルですが、7日間で社会福祉士国家試験の試験対策が
終了するという意味ではありません
ので勘違いしないでください。

このテキストを活用して1週間を過ぎてからが社会福祉士国家試験対策のスタートだと考えた方
がわかりやすいでしょう。

それでは、この1週間で具体的には何をするのでしょうか?

「たった1冊の参考書」とタイトルに有るように、社会福祉士試験の受験勉強に使用する参考書
を教えてもらえることぐらいはわかると思いますが、書店においてなかったとしてもアマゾン
などで注文すれば数日以内には手に入るでしょうから、それだけでは話になりません。

当然ながら、「たった1冊の参考書のタイトルを教えて終わり」などといったふざけた内容では
なく、社会福祉士国家試験における頻出ポイントや受験勉強で挫折しないためのモチベーション
維持のための工夫、さらには、参考書と併用して使うと効果的なノートの活用法、本番の試験で
5点上げるための受験テクニックなど、受験日までの全てをカバーしています。

「いかに覚えないか」という観点で受験勉強をすると言ったら驚くかもしれませんね。

このページの先頭へ