1ヶ月でゴルフスイングが安定!何度繰り返しても変わらぬスイング

gswing

ゴルファーの数だけゴルフ理論があると言っても過言ではありません。

といっても、その多くは実用に耐えないものであって、「何とか対策」を積み重ねただけの
「砂上の楼閣」ともいうべき杜撰なものです。

また、プロゴルファーやゴルフ指導者が提唱する「ゴルフ理論」の中には素晴らしいものも
ありますが、マスターするためには高度なスキルと再現出来るだけの高い身体能力が必要な
ものも多く、素人が簡単に真似できるようなものではありません。

しかし、島根県松江市在住の吉岡義さんは、ゴルフ初心者でもいくつかのポイントを抑える
ことで、素人が真似できないプロのゴルフ理論や、砂上の楼閣である「何とか対策」を実践
しなくてもスムーズなスイングを安定的に行えるようになる
といいます。

それこそ、どこのゴルフ練習でスイングをしようが、コースに出てプレイをしてもスイング
が乱れることがなくなりますから、思い通りのスイングを行って結果を残せるようになると
いうわけです。

あなたはゴルフ練習場で、ドライバーだけを使ってスイング練習をしていませんか?

確かに遠くまで飛ばせる爽快感は得られるでしょうが、スイングを安定化するという目的で
練習するつもりであれば何の役にも立たないどころか、時間の無駄でしかありません。

ゴルフ初心者は7番アイアンを使って練習するといいという話は有名ですが、吉岡さんは3番
アイアン(なければ5番アイアン)での練習を推奨
します。

スイングがしっかりとできていないとボールが思った場所に飛ばせないクラブが、3番・5番
アイアンだからです。

その上で、吉岡さんは

  • グリップの握り方
  • アドレスの姿勢
  • バックスイング
  • ダウンスイング

という4つのポイントを抑えるだけで「何度繰り返しても変わらぬスイング」ができるように
なると断言しているのですが、どうしてなのでしょうか?

【文章を開く】

このページの先頭へ