パッドでゴルフスコアを崩すのは今日で終わり!ITパッティング理論

itpatter

ドライバーもパッドも同じ1打
というのはゴルフの世界では常識ですが、そうはいってもパッティングが苦手なアマチュア
ゴルファーは少なくありません。

あなたもパターに対して苦手意識を持っていませんか?

グリーンオンまでは順調にやってこれても、パターが苦手なためにグリーン上で3打、4打と
打ってしまってスコアを崩している
かもしれませんね。

次のホールではすっかり意気消沈して、第1打からミスショットをしてグダグダなスコアに
なるといったケースは珍しくありません。

PGAティーチングプロの竹内雄一郎さんは、グリーン上で2打以内にカップインができれば
スコア100切りどころかシングルゴルファーも夢ではない
といいますが、マネジメント能力
も求められますからシングルまでは難しいとしても大幅なスコアアップは可能です。

あなたもドライバーで飛距離を飛ばすよりも、パッティングを鍛えた方がスコアアップには
効果的であることぐらいは頭では理解できているとは思いますが、パターマットや練習場の
グリーンでは、なかなか思うような練習ができずに困っているのではないでしょうか。

芝目も違えば足元の傾きなどにも違いがあるため、パター練習ではうまくできてもグリーン
では全くといっていいほど感覚が変わってしまい、思い通りにボールを転がすことができず
失敗するといったケースは珍しくありません。

そこで、竹内さんが5年もの歳月をかけて研究したパッティングのノウハウをフル活用して
パッチングを苦手分野から得意分野に変えたくありませんか?

それが「ITパッティング理論」です。

自宅にパターマットがあれば、1日15分、自宅で一人で練習をするだけでもパッティングが
全くと言っていいほど変わってくることを実感できます。

【文章を開く】

このページの先頭へ