1%しか知らないアングラ「正攻法」!バッティング大辞典

batting

日本野球の暗部に巣食うアングラ組織「日本野球教育会(BJ)」を率いる若月大さんは、別に
違法行為をしているわけでもなければ犯罪者集団というわけでもないのですが、少年野球など
の「表の野球」では教わらないような方法で野球が上達できるようにするという集団です。

つまり、表の世界の野球人が長年にわたって積み重ねてきた苦労と努力を全て無にするような
ショートカット上達法を次々と開発
しているのが「日本野球教育会」なのです。

さて、あなたは「バッティングの本質」を理解していますか?

「表の世界」のプロ野球や社会人野球、大学野球や高校野球、少年野球の指導者などは色々な
理論や精神論を駆使して説明しようと試みますが、過去の経験からの蓄積であったり、自らの
選手時代に学んできた練習法や野球理論がベースにあることが一般的です。

現代の野球選手や指導者の中には、最新のスポーツ科学を反映させた現代的なバッティングで
あったり、効率的な上達法を実践する人も増えていますが、下半身を鍛えるためと称して行う
「走りこみ」や体に覚えこませるために行う「素振り」など旧態依然とした指導が「正攻法」
としてまかり通っているのが実態です。

これではバッティングの本質から離れるだけでなく、単調な練習を続けることで、ある時点を
過ぎれば上達することもなくなり惰性で続けるだけになるケースもシバシバです。

人間の頭脳を構成する知識・経験・感性のうち、知識を増やさなければ上達するのは不可能に
近いと若月さんは指摘しますが、知識であれば何でもいいわけではなく、上達に直結するもの
でなければ意味が無い
わけです。

【文章を開く】

このページの先頭へ