少年野球のエースピッチャーになるための練習法「エースの方程式」

acehotei

エースピッチャーになるためには、どうすればいいのでしょうか?

卓越した身体能力と野球センス、さらには優れた指導陣による最高のトレーニングといった
ことが思い浮かぶかもしれませんが、これらの中の一つも満たしていないから自分は無理だ
と諦めていませんか?

もちろん、ピンチになっても一切動じない強い精神力や、たとえ100回投げ続けても耐える
だけの強靭な身体があれば最高ですが、全てが整ったピッチャーというのは1年に一人出る
かどうかのレベルですし、少年野球レベルであれば到達する必要もないレベルの話です。

それよりも、ピッチャーとしての正しい知識を身につけて適切な練習をするほうが、よほど
エースピッチャーへ近づける
と指摘をするのは、元プロ野球選手で野球指導者の橋本清さん
です。

そもそも正しい投げ方ができているピッチャー自体が少ないと指摘をする橋本さんですが、
自己流のフォームで投げ続けていると体を壊しやすくなるだけでなく、スピードや変化球の
キレも悪くなり、結局はフォーム改造が必要となって時間を浪費するだけ
だと言います。

しかし、型にはまったフォームが絶対的に正しいというわけでもなく、強制的にフォームを
改造した結果、逆に投球が不安定になったり、球速が落ちるといったケースも多いのです。

唯一の「正しいフォーム」という型枠に無理に嵌めこむのではなく、正しいフォームという
概念を活かしながらも、誰しも個人差があるわけですから、一つ一つの動きに潜む問題点を
見つけて潰していくことで、身体に余分な負担がかからず、パワーロスなくボールを投げる
ことができるようになるのです。

その具体的な練習法・指導法を動画にしたのが「エースの方程式」です。

橋本さんから直接指導を受けるチャンスのない数多くの少年野球ピッチャーや野球指導者に
使えます。

【文章を開く】

このページの先頭へ