不運を克服できる「ホンモノ」のお水取りとは?吉方位旅行お水取り実践会

mizutori

>>公開は終了しました<<

お水取り」といえば、奈良県の東大寺で3月上旬に行われる修二会を連想する人もいるかも
しれませんが、あくまでも修二会の中で行われる一つのイベントでしかありません。

こんな地方都市のローカルイベントを「お水取り」の代表などとされていることに対して憤り
を感じる人もいるかもしれませんが、それだけ観光業界との癒着が強いということでしょう。

お水取りの本来的な意味としては、九星気学において日本人が独自に考案したという「吉方位
の自然水
」を使用した開運法です。

「お水取り」という名前の通り、神社などのパワースポットで指定日時に指定方位の自然水を
汲みに行って運気を高めるわけです。

しかし、デタラメな「お水取り」をしている限り、開運どころか不幸のどん底に叩き落とされ
ても文句は言えませんし、無知なために気づかないうちにタブーをしているケースも多くある
ことから、「知らなかった」では済まないのです。

そこで、開運お水取り実践会の会長で吉方位旅行アドバイザーの碓氷幸子さんが「ホンモノの
お水取り
」を教えます。

もちろん、お水取りの正しい知識を教えて、後はあなたが努力をすればいいと突き飛ばすだけ
では意味がありませんから、碓氷さんがあなたのパートナーとしてサポートをしていきます。

例えば、お水取りに最適な場所や時間を見つけ出すだけでも、

  • お水取りの正確な日時の割り出し方
  • 正しい方位の割り出し方
  • その方位に当たるお水取りができる社寺の選び方
  • お水取りの正しい作法

等を知っておくのは前提として、吉方位や日時を導き出すだけでも相当量の作業が必要です。

このような作業が面倒だからとアンチョコを使って吉方位や日時を探したつもりになったり、
自己流で間違いだらけのお水取りをすることで開運どころか不幸のどん底に入り込むケースも
実に多い
のです。

これでは全く意味がありません。
開運お水取り実践会に参加して、正しいお水取りを実行して開運しましょう。

このページの先頭へ