苦手科目克服に!保育士試験科目別リベンジセット「子どもの保健」

kodohkn

子どもの保健」の科目は、事前の保育士試験実施要領による案内では旧科目の「精神保健」
と同じく旧科目の「小児保健」が一つの科目にまとまったものであるとアナウンスされており
実際の試験においても、事前の想定通りに出題されています。

その上、以下のメリットがあったことから難易度的には低下したのではないかと見られます。

  • 旧「精神保健」からの出題数が10問から5問程度に減少
  • 旧「小児保健」からの出題数が20問から15問程度に減少
  • 半分科目ではないため旧「精神保健」で正答率60%未満でも合格可能

旧「発達心理学及び精神保健」の頃は、どちらも合格ラインを超えなければ科目合格できない
というハードルがあったことから、「教育原理及び社会的養護」のように片方だけ合格すると
いう泥沼の結果を何年間も繰り返すといったケースがありました。

しかし、「子どもの保健」では極端な話、旧「精神保健」分野で5問出題されたとして1問しか
正解できなくても、旧「小児保健」で全問正解できれば科目合格できるわけです。

とはいえ、よほど切羽詰まった状況でもない限り、最初から勉強範囲を絞り込みすぎるという
のは望ましいことではありませんし、保育の心理学の科目でも旧「精神保健」分野からの出題
があることから、あなたの合格した科目の状況にも寄りますが、勉強しないでいいというわけ
には行かないケースがほとんどです。

そこで、あなたが次回の保育士試験で「子どもの保健」に合格したいという時に役立つのが、
保育士試験科目別リベンジセットです。

保育士試験の科目別に手に入りますので、「子どもの保健」の科目だけ必要という際に好都合
です。

今までに多くの保育士試験受験生がリベンジセットを使って合格しています。

【文章を開く】

お知らせ

他の科目の保育士試験科目別リベンジセットについての詳細は以下のリンクよりチェックして
ください。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ