苦手科目克服に!保育士試験科目別リベンジセット「保育の心理学」

kodosin

新試験区分に変わった際の保育士試験実施要領によると、「保育の心理学」は旧試験区分の発達
心理学が独立して一つの科目になるというアナウンスがされていました。

しかし、これまでの「保育の心理学」の科目の試験問題を見ればわかるように、旧発達心理学の
問題だけでなく、旧精神保健からも出題されている
ことがわかります。

旧精神保健からの出題数は多くても5問以内ですが、無視をしてもいいと言い切るには難しいです
し、意外に厄介な存在だと言えるのかもしれません。

「発達心理学及び精神保健」が一つの科目になっただけという言い方もできますが、旧精神保健
の問題は「子どもの保健」の科目でも出題されていますので、実質的に2科目にまたがって出題
されると考えたほうが良さそうです。

つまり、旧発達心理学の分野の勉強だけで合格するのは、全問正解レベルの実力が必要なことも
あって、なかなか難しい
と言わざるを得ません。

しかし、旧精神保健の科目について、現在の保育士試験における標準テキストでの扱いは非常に
軽くなっていることもあって、旧精神保健のテキストや参考書、問題集があれば手に入れておく
といいかもしれませんが、今度は内容的に過剰すぎるきらいがあるという点で一長一短と言える
かもしれません。

効率よく「保育の心理学」の科目の勉強をするのに役立つのが保育士試験科目別リベンジセット
です。

次回の保育士試験で受験しない科目や、既に十分に試験対策を済ませたから必要ないという科目
は不要で、次回の保育士試験に向けた勉強に必要な科目だけセレクトできる
というのがリベンジ
セットです。

すでに多くの保育士試験受験生が保育士試験科目別リベンジセットを有効活用して科目合格をし
保育士資格を取得しています。

【文章を開く】

お知らせ

他の科目の保育士試験科目別リベンジセットについての詳細は以下のリンクよりチェックして
ください。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ