一級建築士「設計製図試験」エスキス合理化テクニック

esukisu

一級建築士「設計製図試験」においては、従来のような課題攻略実習が通用しなくなっており
今後も現在と同じ傾向が続くでしょう。

つまり、設計の自由度を低下させる要因であり合否を振り分ける「仕掛け」がなくなっていく
一方で、自由度の高い設定の中で「設計に必要な知識」と「技能」が求められるようになり、
建築計画や構造計画、設備計画の知識を十分に持った上で技能を発揮しなければ合格するのは
難しくなる一方です。

エスキスやプランニングが十分にできなければ設計製図試験で合格するのは不可能といっても
いいでしょう。

しかし、建築計画や構造計画、設備計画の知識を高めると言っても、目標もないままにレベル
アップし続けるというのは難しいものですし、自己評価ではレベルアップし続けているように
錯覚しているだけで実際に試験を受けると全く何も変わっていなかったというケースも珍しく
ないものです。

その結果、設計製図試験で何年間も不合格が続いてしまい、学科試験合格の有効期限が今年で
切れるといった状況に追い込まれている人もいるでしょう。

あなたも、その一人かもしれませんね。

今年も落ちると来年は学科試験からやり直しですから、二度と一級建築士試験なんて受けたく
ないと思ってしまうものです。

このような悲惨な結果を迎えないためにも今回で合格しましょう!
そこで役立つのが「エスキス合理化テクニック」です。

設計製図試験を何回受験してもエスキスが上達しなかったり、イメージ通りの建物を設計する
ことができないというのであれば、エスキス合理化テクニックは必須アイテムです。

【文章を開く】

このページの先頭へ