苦手科目克服に!保育士試験科目別リベンジセット「保育実習理論」

hoikujs

保育士試験保育実習理論の科目では、あなたもすでに知っているように定番出題ポイントが
いくつか存在しています。

  • 保育所保育指針
  • 児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(児童福祉施設最低基準)
  • 実技系科目(言語・造形・音楽)の理論部分

保育所保育指針」と「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」に関しては、単に条文を
丸暗記するだけではなく、さまざまな角度から問題として出されても適切に正解を出せるよう
にするために、しっかりと理解しておくことが重要
です。

その上で、過去問や予想問題などを中心に演習を重ねることで、保育士試験でも安定的に正解
できるようになるわけですが、どちらの条文もボリュームがあることから覚えるだけで大変と
いった状況ではないでしょうか。

さらには、保育実習理論では言語・造形・音楽についての対策も必要です。

保育所保育指針と児童福祉施設最低基準だけを勉強して、言語・造形・音楽は筆記試験に合格
してから考えるという人もいるかもしれませんが、確かに間に合うケースも少なくないとして
も、保育実習理論で全く手を付けていないと実技試験で苦戦する結果になりかねません。

実技試験では、この3種類の中から2種類を選んで受験することになりますから、筆記試験でも
実技試験と同じ項目だけを選んで勉強すればいい
と考えるのではないかと思います。

たとえば、「実技試験では造形と言語を受験する予定だから音楽は捨てる」といった考え方も
あるわけですが、保育実習理論では音楽の問題がパターン化しているので正解しやすいという
話をあなたは聞いたことはありませんか?

とはいえ、合格水準で求められる音楽のレベルというのは、ミュージシャンや音楽教諭などの
専門家レベルまでは不要だとしても、やはり音楽を教えるわけですから相当高いレベルが要求
されます。

あなたが学生時代に音楽が苦手だったのであれば、相当高いハードルであるかのように思える
のではないでしょうか。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「保育実習理論」です。
保育所保育指針と児童福祉施設最低基準、音楽という三本柱で合格レベルにたどり着けます。

保育実習理論で音楽に関してしっかりとまとめられた教材というのは意外に少ないものです。

【文章を開く】

お知らせ

他の科目の保育士試験科目別リベンジセットについての詳細は以下のリンクよりチェックして
ください。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ