苦手科目克服に!保育士試験科目別リベンジセット「児童家庭福祉」

jidokate

保育士試験児童家庭福祉の科目は、保護の必要性が高い児童に対する法的施策を学ぶ科目で
あり、母子家庭や障害児など個人の努力だけでは限界のあるケースだけでなく、最近では児童
虐待やいじめなどの社会問題への対応も必要となっており、幅広い知識が求められます。

その分だけ、保育士試験においても勉強範囲が広くなる傾向が見られることから、薄く広くが
苦手な人にとっては難しい科目という印象を持つのではないでしょうか。

その上、「子ども・子育て支援新制度」が試験範囲に含まれましたし、同じく改正された児童
福祉法からの出題も例年以上に注意する必要があります。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「児童家庭福祉」です。
少ない学習時間でも効率よく実力アップが行えるように作成された教材です。

一問一答形式のポイント集で頻出事項を学んでいき、問題集と過去問と合わせることで演習量
として不足感は感じません。

また、保育士試験科目別リベンジセット「児童家庭福祉」には児童福祉法のダイジェスト版が
付録としてついてきますので、重要度を3段階でランク付けしていることもあって重要な構文
から学んで行けます。

【文章を開く】

お知らせ

他の科目の保育士試験科目別リベンジセットについての詳細は以下のリンクよりチェックして
ください。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ