不合格だ?東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラム

todai

介護福祉士国家試験では、大きく「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」という
3つの分野から出題されますし、複数の分野にまたがった「総合問題」も出題されます。

第27回試験以降は、図・表・イラスト・グラフを用いた問題も出題されるようになりました。
医療的ケアが追加されるために問題数が120問から125問に増えるというアナウンスは現時点
では実施されていませんが、次回試験以降で行われる可能性はあります。

それぞれの分野における頻出事項というのは存在しますが、全く同じ出題をするわけではなく
問題文を変えたり選択肢を変えるなどの工夫をしている場合が多いために、しっかりと知識を
身につけないと不正解出来ない場合も出てきます。

過去問や問題集を解いていれば自然と頭の中に残るといった意見をいう人も居ますが、断片的
な知識だけだと、問題文や選択肢が変わった時に自信を持って解答できなくなりかねません。

しかし、標準テキストや参考書などを使って勉強していると覚える量が多くてキリがないとか
法令系は毎年のように改正が行われているので混乱する場合も珍しくないものです。

東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラム」は暗記物が苦手な人でも無理なく記憶
できるように考えられた学習法と学習補助教材のセットです。

東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラムと市販の問題集(教材内で指定)が必要に
なりますが、普通に試験勉強をしているよりも効率的かつ短時間で合格ラインを超えることが
可能
となります。

というのも、なかなか勉強するのが難しい、数分から数十分程度のスキマ時間を使った勉強が
できるようになるだけでなく、記憶しやすい状態で勉強をするための方法がわかるからです。

【文章を開く】

このページの先頭へ