日本初の英会話学習プログラム!スピーキングパワー

speakingpower

スピーキングパワー日本初の英会話学習プログラムであって、45日間で日常レベルの英会話
であればスムーズに行えるようになるといったら驚くかもしれません。

「日本初」といっても実際に行う学習方法は極めてシンプルです。
以下の2つの作業を45日間続けるだけだからです。

  • 毎日5つの場面を音声を聞いて鸚鵡(オウム)返しする
  • 動画を見て、会話の状況を理解する

これだけだと何をするのかイメージできないと思いますので、詳しく説明していきます。

オウム返しというと「相手が言ったことをそのまま真似して繰り返す」という、雑談でやって
しまうと相手をバカにしているように取られてもおかしくありませんから、殴られても仕方が
ない失礼な行為ですが、英語学習では日本初どころか、どこの学校でもやっているような方法
ですよね。

中学や高校の英語の時間で、教科書に書かれた英文を読んだ経験があるかもしれません。

しかし、スピーキングパワーが「日本初」というのは、ただテキストの英文を音読するのでは
なく、通訳者などが練習に用いている「シャドーイング」と呼ばれる方法を英会話初心者向け
にカスタマイズしたという点です。

シャドーイングをすることで、スピーキング力、リスニング力、発音が全て同時に上達できる
という高い効果が期待できるのですが、どのような英文をどうやって読むのかで成果は全くと
いっていいほどに変わります。

そこで、英文はネイティブが厳選した日常英会話で使う300種類のフレーズを用いた会話形式
の英文を使うことで、フレーズそのものだけでなく活用法も自然に身につけられます。

また、会話スピードも単語で区切った超スロースピード(スピーキングパワーでは「スーパー
スロースピード」と呼んでいます)からネイティブが話すナチュラルスピードまで5段階用意
されていますので、あなたにあったレベルから始めることで効率良く上達できます。

単に会話スピードが違うだけではなく、スーパースロースピードではリエゾンなどもないこと
から、聞き取りやすく話しやすいというのも基本的な発音をしっかりと身につけるという点で
役立ちます。

その後、徐々に会話の速度が早くなるだけでなくリエゾンをはじめとした英会話独特のテンポ
も身につけられる
ことからスムーズに効率良く上達できるようになるというわけです。

【文章を開く】

このページの先頭へ