劣等生でも半年後に平均点が取れる!やる気★スタディ

yaruki

>>公開は終了しました<<

うちの子は勉強が出来ないからといって諦めていませんか?

このままだと高校までは通えるとしても、その後は地域によっては全く求人がない状況で就職を
するか、Fラン大学に通って同じく就職活動で苦しむといった選択肢しかありません。

東大や京大などに通っていれば、個人経営の零細企業などでは相手にされないかもしれませんが
今でも学歴重視で優遇される企業も少なくはありませんから、有利な選択肢が手元に並ぶという
点では、高学歴を狙う価値というのは今でも十分にあるわけです。

しかし、現時点では、あまりに非現実的な話だと言わざるをえないのが実情でしょう。

そこで、個別指導塾で講師として小中学生を教えている高沢光世さんは、劣等生からでもまずは
平均レベルまで到達できる学力を自宅で身につけられる方法
を提唱します。

それが「やる気★スタディ」です。

塾の先生が言うのは矛盾甚だしいとは思いますが、
塾になんて通わせなくても子供の成績は上がる
ということが実証できると高沢さんは強調します。

優等生からすれば、平均レベルというだけでも全く相手にならないわけですが、底辺から平均に
上がったというだけでも当事者にとっては大きな自信につながりますから、この状況を続ける事
で難関レベルにも手が届くようになるというわけです。

そもそも劣等生が劣等生であるのは、勉強がわからないからこそ苦痛であって、刑務所で作業を
しているのと似たり寄ったりの状況になっているわけですから、「やる気」もなければ1分でも
早く勉強から逃れたいという気持ちになっているわけです。

この状況を改善しない限りは、強制的に勉強だけ押し付けたところでイヤイヤするだけですから
学習効果も得られなければ、時間の無駄に終わるだけです。

このページの先頭へ