フォームを身につけるのは誤り!神谷流テニス最速上達法

テニスで上達するには、瞬発力や走力、体力などの基礎能力を高めた上で、正しいフォーム
身につけるのが唯一の方法と考えられています。

それ以外に、あがって頭の中が真っ白になるようなこともなく、常に沈着冷静な判断が行える
だけのメンタルも必要です。

もちろん、試合中にバテてしまって動けなくなるといった状況では、まともなゲームにはなり
ませんし、試合相手に翻弄されて常にイライラした精神状態では冷静な判断はできませんので
戦うまでもなく負けが決まったようなものです。

しかし、試合を決めるバックハンドやスマッシュ、フォアハンドなどを決めるためには適切な
スイングが欠かせませんが、正しいフォームを身につけるために練習を延々と繰り返すという
のは良くない選択
だと指摘をするのは、テニスコーチの神谷勝則さんです。

財団法人日本テニス協会認定のS級エリートコーチとして、プロテニスプレイヤーを指導する
だけでなく、小学生から高齢者まで30万名以上のアマチュアからプロまで幅広い人々を上達
させてきた実績のある神谷さんですが、反復練習で自分では正しいフォームを身につけた気に
なっていたとしても、実際には自己流の悪い癖がついたフォームになるケースが少なくない

指摘します。

その結果、崩れたフォームで思い通りのスイングが出来ないだけでなく、無理な身体の動きを
することで体を痛める結果になりかねません。

また、自己流のフォームを矯正するためにも時間がかかりますので、膨大な時間の無駄遣いと
なるわけです。

このような遠回りをしないために、神谷さんがテニス初心者にアドバイスするポイントとして
以下の4点をあげています。

  • 筋肉の動きを理解する
  • バランスとリズムとタイミングをきちんと取る
  • 自分の想いをボールに乗せる
  • 的確にボールを打つ

身体への負担が少なく、しっかりとしたスイングができるようになり、最短距離で上達できる
ようになるわけです。

この神谷さんが提唱するテニス上達法を、全くのテニス未経験者でも一人で取り組めるように
したのが「神谷流テニス最速上達法」です。

DVD2枚組で、神谷さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で学ぶことが出来ます。
わからないことや相談したいことがあればメールサポートで解決できます。

【文章を開く】

このページの先頭へ