繰り返すだけの反復練習では上達できない人のためにバレーボール上達ドリル

vball

バレーボールというのは体で覚えるものだといった具合に、上達するためには繰り返し何度でも
練習するしかないといった考え方が一般的です。

もちろん、一切練習をしなくても、座学で全てがマスターできるなどというのは不可能ですが、
ひたすら反復練習を行っていれば上達できるというわけでもありません。

なにをどうやり始めたら、どう取り組めば良いのかわからないという状態になってしまった時に
「とにかくスランプを脱出するためには練習を続けるのが一番だ」といった指導では、上達する
のは難しい
ものです。

また、逆説的に感じるかもしれませんが、上達するコツというのは人に聞いてもわからないもの
です。

その結果、「とにかく練習しろ」という指導者が多いのですが、東京バレーボールアカデミーの
斎藤利さんは正しいバレーボール上達の法則を知れば、がむしゃらに練習をする必要もなくなる
と言います。

この上達の法則というのは、

  • できない理由を知ること
  • 良い例とコツを知ること

の2点です。

その結果、「できない理由」を潰すように練習をするようになることから、何となく同じ練習を
繰り返すのと比べて圧倒的に練習内容が効率的になり、上達スピードも劇的に向上できる
という
わけです。

東京バレーボールアカデミーではマンツーマンレッスンで「できない理由」と「良い例とコツ」
を講師から直接学べますから、最短距離でバレーボールが上達できるわけですが、遠方に住んで
いるなどの理由で通えないというケースも少なくないでしょう。

そこで役立つのが通信講座スタイルで学べる「バレーボール上達ドリル」です。

スパイク、サーブ、レシーブ、トスとバレーボールで欠かせない各要素について、基礎から得意
分野にするために欠かせないポイントを効率よく身につけられます。

【文章を開く】

このページの先頭へ