シニア・女性ゴルファーでも250ヤード!ゴルフ上達リズムシンクロ打法

r-sync

>>公開は終了しました<<

あなたは、ドライバーで何ヤード飛ばせますか?

ゴルフボールが地面につくまでの飛距離の平均値は、男性で230ヤード、女性では175ヤード
ですが、男性でもパワーがなければ200ヤードも飛ばないといったケースは珍しくありません
し、やはり年をとるほどに飛距離が落ちてくるものです。

しかし、老化やパワーが無いからといってドライバーの飛距離は伸びないと考えるのは間違い
だと指摘をするのはティーチングプロの森本光洋さんです。

ゴルフに体格や腕力は関係ないからです。

といっても、やはり男女の体格差というのは如何ともしがたいし、筋肉があるほうが遠くまで
ボールを飛ばしているという実例を数多くみていると信じられないのも当然でしょう。

もちろん、体格や腕力は無いよりあった方がいいことは確かであり、ドラコン王者の安楽拓也
プロと同じように400ヤード超のショットを打つのは無理としても、今のゴルフクラブは昔と
比べて飛距離が伸びるように設計されている
ことを忘れてはいけません。

この現代の道具をうまく使うことで、体格的なハンデもカバーすることが可能になりますが、
肝心のスイングが旧世代の飛ばないゴルフクラブの頃から何一つ変わっていないことで現代の
ゴルフクラブの潜在能力を十分に活かせていないのが問題
だと森本さんは指摘します。

つまり、現代のゴルフクラブの能力を最大限活かせるスイングをすることができれば、今まで
より飛距離を伸ばせるようになり、女性ゴルファーやシニアゴルファーでも250ヤードは簡単
に狙えるようになるというわけです。

その方法が、ゴルフ上達リズムシンクロ打法です。
リズムシンクロ打法の特徴を以下にまとめました。

  • ドライバーからアイアン、アプローチに至るまでスイングリズムは全て同じ
  • 体重移動の少ない一軸スイングでヘッドスピードが上がる
  • アップライトなスイングプレーンでブレない・ズレない
  • 考えなくても自然と身につけられる

このページの先頭へ