安定性と飛距離の両方を実現!ドライバー基礎ゴルフ上達術

drvbasic

あなたは、アイアンやウェッジ、パターなどと比べて、ドライバーに対して苦手意識を持って
いませんか?

遠くまで飛ばそうと思って力んでしまうとコントロール出来ずに、フェアウェイキープどころ
かラフやバンカー、時にはOBやウォーターハザードを連発してしまうといった状況ではないで
しょうか。

それとは逆にコントロールを意識しすぎると、全く飛距離が稼げずに2打目以降が大変になる
といったチグハグなゴルフになって、スコアメイクをするどころではないといったラウンドを
毎回のように繰り返しているかもしれません。

これでは、コーススコア100切りなどは夢のまた夢ではないかと思います。

もちろん、ドライバーを一切使わずにコースマネジメントだけに注力するといった方法もあり
ますが、どうしても距離が長いホールでアイアンなどしか使えないというのでは不利ですし、
飛距離が稼げないとなると、一つのミスによるリカバリが難しくなるものです。

そこで、アメリカで11年間のゴルフ修行を行い、ベストスコア63を叩きだしたレッスンプロの
吉本巧さんは「ドライバーのゴルフの基礎」からやり直したほうがいいとアドバイスします。

というのも、自分自身では基礎から着実にレベルアップしてきたかのように錯覚しているだけ
であり、実は自己流のスイングになっているために上達が頭打ちになっていたり、スランプに
陥っているケースは珍しくないのです。

そのような状況では、ドライバーのゴルフの基礎もすっかり忘れてしまっていることも珍しく
ないために、いったん振り返ってやり直したほうが、結局は上達への近道になるわけです。

【文章を開く】

このページの先頭へ