上達の秘訣は歌うこと?音楽経験ゼロでもできる!初めてのアルトサックス講座

altsucks

アルトサックスは、数あるサックスの中でも演奏しやすいことから、入門用として用いられる
ことが多いのですが、なかなか思い通りに演奏できずに困ることも珍しくありません。

自分の思いどおりに吹けるようになるまで、何度でも繰り返して練習を続けるしか無いという
のが、アルトサックスだけに限った話ではなく、楽器全般に言える初心者向け練習法ですが、
そこまで到達できずに挫折していく人も少なくないものです。

その結果、やる気が無いとか、努力が足りないなどという具合に、挫折者は罵られていくわけ
ですが、アルトサックスが演奏できるようになった人たちも単調で苦痛な反復練習を行うこと
でマスターしたわけですから、それ以外の上達法を知らないわけです。

このような反復練習以外に、効率よくアルトサックスが演奏できる練習法はないのかと考える
こと自体がふざけているとか不真面目で、サボりなどと散々な評価を受けかねません。

しかし、サックス奏者の吉野ミユキさんは、アルトサックスが演奏できるようになるために、
反復練習を繰り返すのではなく、短時間で効率よく上達するためのメソッドを見つけ出すこと
に成功しました。

その秘訣は「歌う」ことにあります。
アルトサックスをいっさい使わずに歌うのです。

とはいえ、これだけでは全く意味が分からないのではないでしょうか?
思わず「ふざけるな」と怒りたくなったかもしれません。

しかし、アルトサックスで吹くときの口元の使い方をマスターする際に、ひたすら反復練習を
するよりも、まずは口の形を身に付けるのに歌ったほうが効果的であることは意外に知られて
いません。

歌うことで吹く時の口元の使い方を正しくイメージできるようになり、アルトサックスを良い
音で吹くことが簡単にできるようになるというわけです。

【文章を開く】

このページの先頭へ