パワハラ不要!未成年向け柔道上達法「柔道上達革命」

judo

一昔前までであれば常識だとして全く注意さえされなかったことであっても、現代では非常識
だとして強烈なバッシングを受けるケースが増えています。

男尊女卑などが典型例ですが、今では女尊男卑になっているケースさえ珍しくない状況もある
とはいえ、男女平等というのが現代では常識になっていますから、その価値観自体が国体破壊
や伝統の消滅として否定する人がいるのは事実だとしても、今では正統派としては見られない
ものです。

柔道においても指導者や先輩が絶対的な地位を確立していることもあり、今で言うパワハラが
横行しているだけでなく、しごきやいじめなども常態化しており、これが「伝統」などという
言葉に隠されて表沙汰にならなかったというのが実態でしょう。

無理な稽古を繰り返して体を壊そうが自己責任ですし、伝統を汚したとして更なる冷遇措置を
受けることが珍しくありませんから、すっかり嫌気をさして柔道から足を洗っていくといった
ケースも少なくありませんし、時々ニュースや裁判沙汰になっていることからも明らかです。

特に未成年の部活動などでは簡単に死にますし、柔道や剣道などの武道系の事故率はダントツ
で高いこともあって、受け身さえ満足に学べないようなところでは生命の危険さえあるという
ことができます。

あなたの地域では、このような部活動やスポ少などしか柔道ができる選択肢がないというので
あれば、さっさと離れたほうがいいとは思いますが、幸運にも旧世代的な雰囲気ではない環境
で柔道ができるのであれば効率よく上達して試合に勝てるようになりたいと思うのではないで
しょうか。

そこで役立つのが「柔道上達革命」です。

【文章を開く】

このページの先頭へ