集団で疎外感を感じるのは今日で終わり!ラクラク人間関係構築術

rakuraku

あなたは集団に馴染むのが得意な方ですか?
それとも、なかなか馴染めずにボッチでいることが多いタイプですか?

学校であればクラス替え、仕事であればアルバイトや転職、人事異動などで新たな職場に加わる
際には強いストレスを感じているのではないかと思います。

中には、その集団から爪弾きにされて「浮いた存在」になった結果、疎外感を感じたこともある
のではないでしょうか。

あなたが挨拶をしても相手に無視されて、常に陰口をたたかれたり嫌味を言われるといった状態
かもしれませんね。

いくら考えても、集団から受け入れられなくなった原因が全く思い当たらないからこそ、対応の
しようがなく、集団内には居場所が一切ない、一人ぼっちの状況に甘んじていると思います。

このようないじめや嫌がらせを解消しようとする仕組みや雰囲気が組織になければ今後も延々と
無視や陰口、嫌がらせなどは続きますし、「嫌なら出て行け」という排除の論理が支配している
ことも珍しくありません。

つまり、あなたが集団から離れない限り、永遠に嫌がらせは続けられますし、あなたが集団から
離れてもわざわざ追いかけてくるといった面倒臭いケースもあります。

しかし、立ち振る舞いがうまく、人付き合いが上手な人は「共通の法則」が存在すると指摘する
のは人間関係コンサルタントの本勝裕之さんです。

この法則を今までに身につける機会がなかっただけの話だったのです。

そこで、「ラクラク人間関係構築術」で身につけてしまえば、あなたが現在抱えている人間関係
のトラブルも解消できますし、今後、新たな集団に所属するにあたっても無用なトラブルを生み
出す心配もなくなります。

ラクラク人間関係構築術はグループから受け入れられる、大逆転可能な人間関係構築テクニック
ですから、老人ホームや死ぬ直前に入院するであろう病院まで一応は集団生活を送ることになる
わけであって、一生使えるスキルであることは間違いありません。

【文章を開く】

このページの先頭へ