劣等生から優等生になるのは簡単!驚異の高校受験勉強法マニュアル

koukoujk

>>公開は終了しました<<

日本の高校受験の試験科目のほとんどは暗記科目なので、とにかく覚えてしまえばいいと断言
するのは、元劣等生の大平俊介さんです。

しかし、簡単に覚えられないからこそ、成績が上がらずに困っているのではないでしょうか?

この理由は簡単で、覚え方を教えてくれる人は誰もいないからです。
せいぜい、本当にマスターできるのか分からない記憶術や記憶法ぐらいでしょう。

中学校や学習塾の先生は「覚えろ」「理解しろ」としか言いませんし、せいぜい語呂合わせの
ような言葉遊び程度しか教えてくれません。

「勉強」を教えることができても「勉強法」を教えませんし、教える必要はないという節さえ
あるのが学校や学習塾の教師ですから、それこそ偶然の幸運に出会って勉強法を身に付けると
いった出来事でも無い限りは「劣等生からの脱出」は不可能
です。

そこで大平さんが考案した「驚異の高校受験勉強法マニュアル」が役立ちます。

中学時代は偏差値40台だったという大平さんが、この方法で勉強した結果、地域トップの高校
に進学し、大学は医学部に合格できたわけですから、効果的な勉強法を知っているかどうかの
違いが大きく現れていると言えるのではないでしょうか。

「とりあえず勉強」という考え方では、いつまでたっても勉強した成果がでませんし、成績も
アップしてきません。

この「驚異の高校受験勉強法マニュアル」を実践した効果として最も大きいのが一度勉強した
ことを長期間にわたって記憶に残せる
という点です。

せっかく覚えても一晩たつと全て忘れてしまうというのでは、勉強を再びやり直す必要がある
わけですから、なかなか前に進めませんし、勉強自体が嫌になってしまうものです。

そこで重要となるのが「インプットの仕方」です。

このページの先頭へ