半年で苦労せずにAフライト!「知野真澄式」ダーツ上達練習法

darttino

>>公開は終了しました<<

ダーツで上達するには、フォームを固めて安定して投げられるようになることが重要ですが、
フォームが確立できたとしても上達できずに足踏み状態が続いている人が少なくありません。

もちろん、あなた自身のフォームが確立できていない時点でAフライトに到達するのは無理と
言わざるを得ませんが、フォームを確立してもBフライトやCフライトというのであれば、練習
メニュー自体を変える必要があります。

今の練習メニューのまま練習時間だけを伸ばしたところで上達できる可能性は低いからです。

何も考えずに練習時間だけを伸ばしたところで同じ失敗を繰り返すだけですし、長時間の練習
で徐々に思いどおりに投げられるようになってくると、何となく上達したような気分にはなる
かもしれませんが、上達した根拠が無いために時間が経つと元に戻ってしまいかねません。

練習によって身体にスキルが叩き込まれているから問題無いといった言い方をする人もいます
が、「正しいフォーム」というのが存在しないダーツの世界ではスランプに陥った時などには
基本に戻って練習し直すといっても、そう簡単ではありません。

プロダーツプレイヤーの知野真澄さんも、練習量よりも練習の質の方が重要だといいます。

「練習のやり方」次第で短時間しか練習できなかったとしても、何も考えずに長時間練習して
いる人よりも上達することは可能です。

それでは、どのような練習をすれば効率よく上達することができるのでしょうか?
「知野真澄式」ダーツ上達練習法を見ればわかります。

このページの先頭へ