利用頻度の高いクラブは?7番アイアン基礎ゴルフ上達術

7i-golf

あなたがゴルフコースを回っていて、最も使用頻度の高いクラブと言ったら何でしょうか?
少なくともドライバーでないことは確実でしょう。

グリーン上で何回も叩いてしまうのでパターと答える人もいれば、グリーン周りのアプローチ
で常に失敗してしまうのでサウンドウエッジやピッチングウエッジ、後半番号のアイアンなど
といったところかもしれませんね。

しかし、ゴルフ練習場で見かける人の大半はドライバーを持ってスイングしているわけですが
どうして使用頻度の高いクラブで練習をしないのかと疑問に感じたことはありませんか?

ドライバーで飛距離を伸ばすことのほうが重要だからと答えるかもしれませんし、遠くにまで
ボールを飛ばすのがストレス解消に最適だからといった別の目的を答えるかもしれません。

さて、レッスンプロの吉本巧さんはスイングの練習をするのであれば7番アイアンが最適だと
言います。

一般論としても、7番アイアンや6番アイアンなどのミドルアイアンは、他のクラブにも応用が
できますから、ゴルフスイングの基礎を身につけるのには最適なクラブだと言われていますし
アプローチなどでも使う機会が多いことから練習するのにも最適なのです。

そこで、アイアンクラブの基礎を身につけるのに役立つのが「7番アイアン基礎ゴルフ上達術
です。

画像やイラストが豊富に盛り込まれた全39章510ページのボリュームですが、それほど苦労も
なく読み進められる構成
になっています。

ゴルフ初心者にとっては必須アイテムですし、ゴルフ経験は長くてもスコアが伸び悩んでいる
とか、いろいろな対策ばかりをやりすぎて混乱状態にあるというのであれば、一度基本に戻る
必要がありますから、この7番アイアン基礎ゴルフ上達術が必要です。

【文章を開く】

このページの先頭へ