流暢な英会話は不要!グロービッシュ式ビジネス英会話プログラム

globish

英語圏のネイティブとビジネス上でコミュニケーションを取るときには、カタカナ英語などは
論外であって、きちんとした発音で会話ができないと、ネイティブからは知性が低いと馬鹿に
される
といった話が誠しやかに語られています。

しかし、結論から言えば間違いです。

ネイティブイングリッシュを苦労して習得した西洋かぶれの人が、ノイジーマイノリティーと
して「自分は偉い」などと思わせるために言い広めているといったら言い過ぎかもしれません
が、多かれ少なかれ、このような傾向が見られるというのが実態です。

現在の国際社会における「英語」というのは、英語圏の中のわずか15%でしかないイギリス人
やアメリカ人などが話すネイティブイングリッシュではなく、85%を占める英語を母国語とは
していない人たちが話すグローバルイングリッシュなのです。

このグローバルイングリッシュは「グロービッシュ」と呼ばれていますが、シンプルでわかり
やすい英語だけで済ませるという点がポイントです。

もちろん、シンプルで分かりやすい英語と言っても、英単語とジェスチャーだけでビジネスを
行うのは不可能に近いですし、それこそ赤ちゃんと見た目が変わりませんから幼稚に見られて
も仕方がありません。

そこで、グローバルビジネス英語マスター代表で日本グロービッシュ研究所認定トレーナーの
山田俊明さんが提唱するのが「英語パラフレーズ会話術」です。

「英語パラフレーズ会話術」は「やさしい言葉に言い換えて、知っている英語で言ってみる」
という意味であり、最初のうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてくれば、簡単に
言葉が出るようになってきます。

グロービッシュ式ビジネス英会話プログラムを使えば、それこそ3ヶ月もあればマスター可能
です。

【文章を開く】

このページの先頭へ