走・攻・守全てを劇的にレベルアップ!奇跡の縦振り野球「縦振り式」練習ドリル

tatefuri

「縦振り」野球を提唱しているのは、少年野球指導を行っている榊原貴之さんです。

その成果の高さもあって、徐々に縦振り野球の指導法を導入するチームも増えているとは言い
ますが、まだまだ少数派であるため、縦振り野球の存在自体を知らないという人も少なくあり
ません。

そもそも、縦振り以前に、少年野球の世界では指導者不足のために本来であれば指導力不足の
不適格者が指導するといった光景も頻繁に見られるようになっています。

その結果、その指導者自身が旧来の「常識」しか知らないということも珍しくありません。

この旧来の常識の中には、現代の野球理論からすれば非常識だとして完全否定されていること
も少なくはないのですが、指導者自身が否定されていることさえ知らずに、自分が昔に学んだ
ことは全て正しいという思い込みも手伝って、いまだに行われていることも多いのです。

その一つが「正しい体の動かし方」を全く無視した練習です。

腰の回転や遠心力などに頼った動きなどが代表例ですが、コントロールが安定しなくなるだけ
でなく、体に大きな負荷が掛かることで怪我をしたり、若い頃から慢性的な疾患に悩まされる
ケースも有るため、選手生命を失うだけでなく、一生を棒に振る場合もあるわけです。

指導者を疑うなど「ありえない話」で絶対服従といった、どこかの戦時体制のような中央集権
体制を取る少年野球チームもありますから、そのようなチームで酷使されて体を壊された挙句
チームに貢献しないからと追いだされると、それこそ悲劇と言わざるを得ません。

このような無茶苦茶な指導を無自覚のままに行っているようなところで無批判のまま、練習を
受け入れるのではなく、自然な体の動きで無理なく上達できる「縦振り野球」でトレーニング
したほうが、よほど健康的に上達できます。

縦振り野球は、攻撃、守備、走塁、ピッチングと全てに役立ちます。

【文章を開く】

このページの先頭へ