絵画に対する洗脳を取り除いて上達!自分の絵・取り戻しプログラム

mypict

あなたは自分の絵に対して、どのようなイメージを持っていますか?

図画工作や美術の時間が苦痛で仕方がなかったし、今も絵を描こうなどという意欲さえ湧かない
という状況かもしれませんし、何となく「正しい絵画」や「評価される絵画」などに迎合した絵
ばかりで燃焼不良といった状態かもしれないですね。

松永亮さんは、自分の絵をつまらないものにしている原因は大きく3種類あると指摘します。

  • 絵の技術
  • 絵の意味づけ
  • 絵の位置づけ

学校での授業においては、描く技術を教えない風潮があることから、絵を描く技術について学ぶ
機会が全く与えられない中で勝手気ままに絵を描かされる上に、なぜか成績がつけられることで
中学であれば高校入試向けの内申点にも反映されるという理不尽さ
が伴います。

中学の美術においては、猿真似ではなくオリジナルで作品なければいけないという無言の強要が
行われることも珍しくありませんし、オリジナルな表現の方法論は教えないというのが中学美術
指導における根本的な矛盾ですから、学ぶ方からすればたまったもんじゃありません。

あなたも美術の時間で理不尽な思いを受けたことがあるのではないでしょうか。

学生時代に運良くトラウマなどを感じることなく絵画を描き続けられたとしても、今度は絵画を
描いても納得できなくなったり、他の作品を見てショックを受けてスランプに陥ることも珍しく
ありません。

特に画家として生計を立てようなどと考えた際には深刻な状況に陥ることもあるわけです。

そこで、松永さんが強調するのは「何のために絵を描くのか?」という点です。

「絵の位置づけ」の悩みを解消するためには、「自分の絵を取り戻す」ことが重要だと松永さん
は言いますが、どこかの与党の選挙ポスターとようなチンケなセリフとウリ二つでガッカリした
かもしれませんね。

しかし、あなた自身が自分にダメ出しをして描く夢を捨てる前に、必ず1回は「取り戻す」作業
はしておいたほうがいいと松永さんが強調するほどに、その効果は絶大です。

そこで、あなたが絵を描く理由が明らかになって、あなただけの画風を確立して納得のいく絵を
取り戻すプロセスをまとめた「自分の絵・取り戻しプログラム」を松永さんが作成しました。

【文章を開く】

このページの先頭へ