1か月以内に50ヤード飛距離が伸びる!吉本理論ドライバー編

ysdriver

ゴルフにおいてスコアアップを実現するためには、飛距離を伸ばすのとボールコントロールや
コースマネジメントを充実させるのとでは、どちらが重要かといった議論はこれまでも延々と
続いてきましたし、今後も終わりなく続くのではないでしょうか。

結論から言えば、どちらも重要であることは改めていう必要もありませんし、人によって重要
度合いが変わってくるというだけの話ですから、ひたすら飛距離のアップだけに集中をしたり
コースマネジメントだけを極めればいいというわけでもありません。

あなたがドライバーでの飛距離アップを求めているのであれば、プロアマ問わず2万人以上の
指導をしてきたというゴルフコーチの吉本巧さんの「吉本理論ドライバー編」が役立ちます。

吉本理論では、自分の持っている力を最大限にボールに伝える「合理的なスイング」が前提
なります。

この合理的なスイングを実現するために欠かせないポイントは以下の5つです。

  • ダウンスイング時にクラブのヘッドスピードが失速しない
  • ダウンスイング始動後にインパクトにかけて加速し続ける
  • インパクト時に最大のヘッドスピードを迎える
  • インパクト時に自分の最大の力をボールに伝える
  • インパクトからインパクト直後のフォロースルーまで最大のヘッドスピードを維持する

言葉で書くと簡単そうに見えるかもしれませんが、いざ実際にやってみようと思うと必要以上
に難しく感じられるものです。

そこで、吉本さんはドライバーショットに関しては、以下の4つのポイントを重視すればいい
と指摘します。

  • バックスイングを安定化させる一軸理論
  • 2モーションバックスイング打法
  • ダウンスイング始動時の左肩打法
  • インパクトはレベルブローで迎える

【文章を開く】

このページの先頭へ