英語を話せるようになる為の勉強をしよう!パッとSPEKING

patspeak

>>公開は終了しました<<

あなたは「英語を話せるようになるための勉強」をしていますか?

単語やイディオム、英文法などを覚えることも重要ですし、文章が作れなければ会話が成り
立たないとは言われるものの、それしか勉強しないというのも問題です。

英語で聞かれて瞬間的に答えるトレーニングをしていない限りは、いくら英語の勉強をした
ところで1分も2分も考えて文章を作って答えるという結果に終わり、これでは英会話ですら
ありません。

また、英会話スクールや「聞き流すだけ」「フレーズを丸暗記」などといった学習法として
決まり切った定型文的な英文を頭に詰め込んだだけで、英語が話せるようになった気がして
いるだけの人も少なくないものです。

「英会話の勉強」などは実在しない「妄想の産物」だから、こんなデマにだまされない方が
いいといった指摘をする人がいますが、実際に英語が母国語・公用語の人たちと会話をして
みればわかるように、しどろもどろになって会話についていけなかったり、会話に詰まって
言葉が出てこないという無残な結果に終わります。

少し考えれば誰でもわかると思うのですが、丸暗記したフレーズだけで会話ができるわけが
ない
からです。

それだったら、いったいどうすればいいんだ!
と思わず叫びたくなったかもしれませんね。

答えは最初に書いたように、英語力を向上させながら、英語で聞かれて瞬間的に答えられる
ようになるためのトレーニングを行えばいい
のです。

つまり、あなたが日本語などの母国語で当たり前のように会話をしている手順で、英語でも
行えるようになればいいわけです。

戸田翻訳サービス代表で翻訳家の戸田亮さんは瞬間的に英語で答えるスキルを鍛えるために
以下の4ステップの順番を間違えないようにすることが重要だと指摘します。

  • 英語の基礎知識を身に付ける
  • この基礎知識を自分のものにするための練習を行う
  • 実践練習を繰り返す
  • 経験値を高めてレベルアップしていく

多くの人は、いきなり第3ステップから始めようとするから失敗するのです。

このページの先頭へ