サッカー未経験者でも指導できる!ドリブル基礎トレーニング初級編

drible

「出来ない原因が分からない」ような練習しか行っていないサッカーチームや指導者は珍しく
ありません。

毎回のようにワンパターンな練習を繰り返しているだけのところなどは言うまでもありません
し、指導者が檄を飛ばしたり、最近は監視の目が厳しくなったことからなりを潜めていますが
失敗したら殴る、蹴るといった体罰もかつては当たり前のように行われていたものです。

あなたも経験があるのではないでしょうか。

「練習が足りないからできないんだ」
などといった具合に、指導者から頭ごなしに怒鳴られたり、殴られる、蹴られるばかりで改善
するために何をすればいいのか一切教えないといったことも珍しくありません。

「お前の頭は帽子やヘルメットをかぶるためにあるのか」
などと罵倒されたり、突き放されるわけです。

これでは同じ失敗を繰り返すのも当然ですし、失敗するごとに罵声や暴力を振るわれるという
のでは、上達しようと奮起するどころか逆に挫折しかねません。

「軟弱なゆとり世代」と小馬鹿にするのは簡単ですが、あなたのお子さんが無茶苦茶な指導と
言えないようなサッカー練習を受けているのであれば、今すぐどうにかしたほうがいいのでは
ないかと思います。

しかし、あなた自身がサッカー経験が少なかったり、指導した経験もなければ、何を教えれば
いいのか全く検討もつかない
のではないでしょうか?

そこで役立つのが、少年サッカーチーム「JSC CHIBA」代表の川島和彦さんが日頃のサッカー
練習を元に作成したドリブル基礎トレーニング初級編です。

全くのサッカー未経験者でもドリブル指導ができるように教材が作成されています。
まずはドリブルから上達することが重要だと川島さんは指摘します。

JSC CHIBAは千葉県ではJリーグのジュニアユースに次ぐ強豪チームとして知られていますが
すでに基礎ができている優秀な選手だけが在籍しているというわけではなく、今からサッカー
をはじめる小学生や未就学児も参加することから、基本から丁寧に指導しています。

【文章を開く】

このページの先頭へ