引き寄せの法則に不足しているパーツとは?藤本憲幸の想念術

kannen

>>公開は終了しました<<

引き寄せの法則をつかって願望を達成しようと思っても、現実には全く何も引き寄せられて
いない人が少なくありません。

あなたも、その中の一人かもしれませんね。

その理由として、藤本憲幸さんから多大な影響を受けて自らも成功者の仲間入りができたと
いう山田豊治さんは、引き寄せの法則には「ある1ピース」が不足しているからこそ実現が
できない
と指摘します。

このため「引き寄せ信者」ともいうべき人の中には、自ら苦労を重ねて「ある1ピース」を
自ら発見してカバーできたという人もいれば、学習会などで見つけ出そうと努力をしている
のにもかかわらず全く進展しないまま時間ばかりが過ぎていくという人たちもいるのです。

むしろ、失敗者のほうが多いことは、あなたも経験的に気づいているかもしれません。

藤本憲幸版引き寄せの法則というと失礼かもしれませんが、目標実現を実現する方法として
藤本さんが考案した「想念術」においては、この「ある1ピース」が含まれているのですが
最初から入っていたわけではなく、藤本さんをしても35年かかったといいますから、凡人に
とっては一生気づかなくても卑下する必要はありません。

現代社会のスゴイところは、昔の偉人が一生かかって見つけ出したような偉大な発明や発見
を当たり前の知識として学ぶことができるという点です。

数字の「ゼロ」という概念が発見される前は数学や科学などは極めて未熟な状態でしたが、
今では小学生以下でも0を知っているわけですから、恐ろしい進化といえるでしょう。

つまり、あなたも想念術を学ぶことで、今まで自己実現や目標達成が全くできていなかった
としても今度こそは成功するために欠かせないパーツを手に入れることができる
のです。

このページの先頭へ